FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕とシルク Part4

sai.jpg

新しい画像はもうありませんので、これからは懐かし特集!Part3はコチラ

次々と去っていった仲間の後を追うようにして、私も初期ギルドを去りましたのが時をして2008年秋ごろ。
私が次に移り住んだギルドは黄河の方なら見覚えがあるかもしれません、このトップ画像のギルド紋章!(勝手に拝借しました)
愛と(・∀・)合掌、でお馴染みのギルドマスターがいらっしゃいましたね。

当時の私の状況は和田デビューしてソロ狩りメインの乱狩りをたまに。スペチケ、自動、時計と課金を始めだしたのもこの時期。
知槍だった私は狂雷を覚えたことにより、ソロまとめ狩りのほうが効率がよくなっていました。
ギルドに入った経緯は当時ソロの狩場でよく顔を合わせていたフレに紹介してもらったような・・・記憶があります。

大きなギルドにいるとたまに養殖してくれるよ!くらいのノリだったような気がします。
商ハギルドで同盟ギルドが確か4つ。結構な大所帯だったと思います。
カンストが同盟内でも1名だけでしたので、当時職戦ではそこまで大きな存在感はなかったかもしれません。

実際加入してみると以前のギルドとは比べ物にならないくらいの人、人、人。
チャットの流れも早く、同盟チャット権限は全然足りない状態。ギルチャで同盟チャット貸して~なんて言ってたのも懐かしいですね。
ギルドの方々は優しい方ばかりでした。
私に指南してくれたり、ドロップした装備をくれたり、野良バフかけに来てくれたり。
後に私がマントで倒したい人No.1になるお師匠さんに至っては、月印8級槍(当時は超貴重品!)を貸してくれたりと色んな面でいたれりつくせりでした。
この月印武器のおかげで当時のバトルフラッグでやったらめったらワンキルしていたのも良い思い出です。

優しい方々ばかりでした。
ぜんぜん知らないEUのことを夜遅くまで教えてくれたり、ユニーク狩りを手伝ってもらったり。
この頃シルクのシステムを教えてもらったおかげでだいぶシルクのことが分かった気がします。

何度も言いますがとても優しい方々ばかりでした。
入ったばかりであまり馴染めない私に気を使って声をかけてくれる方もいらっしゃいました。
スキル振り、マス振りの相談も乗ってくれました。
PTGに殺されている時にマッハでワープで駆けつけてくれた弓さんとかカッコいいなあ!とか思って見てました。

そんな優しい方々に囲まれた温かいステキなステキな時間の中で、私はどんどん悪を育てていきました。

Part3で書いたとおり私はおもいっきり賊になろう!と決めていたので実は加入してまもなく賊に転身していました。
どう考えてもこのギルドにいるべきではなかったのですが、バレなきゃ大丈夫じゃな~い?という感覚でこそーっと潜んでいたわけです。月に数回の定例交易は私のログアウトタイムとなりました。
このことを知っていたのは当時のギルド、同盟の方々の中でも一握りでした。

当時を知らない方々に説明すると、これは三項全盛期において一番やっちゃいか~ん!ことの1つでした。
今でももちろんやっちゃいかんのかもしれませんが、なんと言えばいいのか、とりあえずそれをやると貴様は人に非ず的な結構な温度感で非難されてしかるべきものでありました。

ここからは私の主観ではありますが人によっては敵対職に対して尋常ではないくらいの敵意を持っている人々もおり、特に賊には2タイプあり、
①低レベや状況を見て襲わなかったり荷を残す紳士でライトでスマートな賊
②「よっわwwwwwwww」などの煽りをかました挙句、一切の手心無く蹂躙の限りを尽くす賊
が存在し、どちらもヒールとして必要不可欠な存在ではありますが特に後者は商ハからすると極悪非道で人類の敵!並のある意味このゲームのラスボス、いや出来ればリアルに一発殴りたい、くらいのストレスの権化であったのです。

そんな賊に対しての印象ですから、私が例え8級程度の弱っちい賊であれ、賊という時点で同じギルドにいることはもう虫唾が走るどころの騒ぎではないわけです。
これに関してはゲームなんだから割り切ればいいじゃん!とかいう問題ではなく、当時の三項の熱を支えている一因だったとも思っていますので私はそういう”ぶっ飛ばしたいくらい憎みあう”ところもシルクが好きな理由の1つでした。

長くなりましたが、簡単にまとめるとようは私は「優しくしてくれた商ハギルドに賊で潜んだ挙句、遂に定例交易を襲い始める」というタブーもタブー、ユダもびっくりの裏切り事件を起こします。

キッカケは私が定例交易のことを忘れてINしたときのことでした。
私は当時弱っちい賊でしたが、夜中に多星をこっそりやってる弱っちい商ハを探してたまに襲っておりました。
前日に職服を着たままログアウトしていたので、ログインしたときにちょうどサマルカンドから大所帯の交易隊が出て行くが見えました。
ササッと追いかけると私はそれがすぐに自分のギルドの定例交易だとハッキリと気づきました。

そしてハッキリと気づいた上で、”まあこれはたまたまログインして見つけてしまったから賊としては襲うのが筋だろう”というどーーーー考えてもやっちゃいけない一手を選択します。はい、悪いのは全く持って私でございました。

私は時を見計らい街から充分に離れたところでササッと襲いに行きます。
ただ当然私一人では全く相手になりません。相手(身内のギルド)はカンスト間近のメンバーが多数。
サクッとやられて終わりかな、くらいで思っていたところに当時そこそこ名が通っていた職名”冷血魔族”という賊がふらふらしているのを見つけました。
どうでもいいことですが彼とはこの時の1件のみしか一緒にプレイしていませんが、数年後わけのわからないエミュ鯖で再会するという奇跡が起きます。

私は彼をPTに誘い一緒に襲いにいくことになりました。彼の友人もさらに合流してなかなかの賊PTが出来上がりました。
準備万端でいざ強襲。そこいら中で阿鼻叫喚の騒ぎになりながらバッタバッタとなぎ倒されていく大名行列。
私はほぼ活躍出来ませんでしたが、その激しい戦闘を見て「おおー!この感じ!」と思っていたことを覚えています。
はい、完全に確信犯で性格悪いのは私です。

結果としては全てを制圧し、荷を賊村へ。報酬をわけあって解散。

こりゃやっちゃったな~と思いながら、おそるおそるギルチャに戻すと・・・・。
詳細は書けないくらいに大炎上しておりました!
まあそりゃそうだ。8級月槍+5を振り回してる知槍でしかもキョンシーキャラで浮いてる!なんて当時他にいませんから、察しの良い方はすぐに気付くわな!というわけです。

それはそれはもう物凄い言葉を浴びせられながら私はギルドを抜けることになりました。まあ当たり前ですね。
このとき喰らった一番記憶に残っている言葉は「あんた、リアルでも友達無くすかんね!」でした。
まあこれも事情があって、「もう二度と襲わないでよ!近寄らないで!」と言われて、私が「いや、ギルドも抜けるので正々堂々襲います^^」と返して火に油した経緯がありますが。

というわけでこれがPart3で書いた大事件になります。

散々な内容ではありましたが、私は憎まれるくらいでもいいかな!くらいに割りきってましたので以降11級引退間際まで賊でい続ける契機になりました。むしろ商ハに戻るのはずるいなと。

後日談ですが、その後このとき色々と揉めた方々とも話をしたりすることもありました。笑い話になった方もいますし、以降二度と口を聞くこともなく見た瞬間速攻でぶっ殺すみたいな関係になった人もいました。どちらも今は良い思い出です!(勝手だけど)

そうしてソロになった私は自分でギルドを立ち上げる決意をします。
最初から賊ギルドとして10級じゃなくても賊でやることをコンセプトとして作ることに。
このブログの名前でもある「因果鉄道の夜」ギルドの誕生に。

次回はその中で出会った懐かしいメンバーの回想も交えて書こうと思います。
それでは次回Part5で!


クソ長いけど読んでくれた人、ありがとうございました(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。